リライトツール MSR(メイン・サイト・リライター)の言葉の持つ意味の違い

リライトツール MSR(メイン・サイト・リライター)の言葉の持つ意味の違い
 

リライトツールMSR(メインサイトリライター)のリライト機能はしっかりと作られていて、沢山の言葉が収録されています
ですが、使い方、位置などによって言葉の意味は変化します。
 

見逃しやすい言葉

言葉は使う位置により意味が全く変わってくることがあります

例えば、「は」や「で」、「ので」のような短い文はリライトする際に見逃しやすいですが、
意外と重要な語句だったりします。

「は」という文言は、文章により「という意味は」、「に関しましては」などにリライトできますので、全く違った印象を与えることができます。

 

「で」という文言は、文章により「に影響されて」、「を活用して」などにリライトできますので、これまた全く違った印象を与えることができます。

 

「ので」という文言は、文章にり「ことが理由となって」、「こともあって」などにリライトできますので、やはり印象が変わります。

 

このように普段は見逃しやすい1、2文字は文章にするとここまでイメージを変えてしまう大きな武器になります。

言葉の意味の違い

 

同じ書き方、読み方をする言葉でも文章によっては全く違う意味になってきますよね。

例えば

「食べる」という単語をリライトする場合一般的に考えやすいのが「口にする」や「食事をする」などがリライト候補になると思います

MSRでは、「食べる」に対して「堪能する」「味わう」などが登録されています
「カニを食べる」より「カニを堪能する」とリライトした方が明らかに
違う文章
に見えますね。

ですので、「食べる」をリライトする場合「食する」「口に入れる」「食事する」「楽しむ」「堪能する」「味わう」等が表示されます。

例:「出さない」

1「今日こそレポートを出さないといけない」

2「図書館の入り口に携帯電話の音を出さないように、との注意書きがあった」

この場合は同じ言葉でも、それぞれ違う意味でのリライトになりますね

「提出しない」「見せない」
鳴らさない」「漏らさない」
このように考えられます。

ですので「出さない」という単語をリライトする時、候補には「提出しない」「見せない」「鳴らさない」「漏らさない」が表示されます。

このような理由があり、今使う文では必要のないリライト単語でも、他の文章では必要な単語なので、リライト候補に表示されるのです。

リライトツールMSR(メイン・サイト・リライター) レビューはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール


サイト管理人の楽道と申します


後発組のアフィリエイターです

性格上、常に楽をすることばかりを考えて色々な手段を試してみました。 その結果、後発組ながら専業アフィリエイターになることができました


私の報酬額をぐっとあげてくれるきっかけはMSRを購入してからでした

MSRを使い始めて報酬がどのように変わっていったか紹介しています

MSR実践



またあなたが何かのジャンルで上位表示をしたいと思っているなら私のPSWノウハウが物凄い効果をもたらします。

上位表示を素早くしたいならPSWを使うことが先決です わたしがPSWを使ってどのように上位表示させたかを紹介しています

PSW2実践

私がアフィリエイトで収益が出るまでの過程や収入を紹介しています

詳しくはこちら

問い合わせ

レビューについての質問や、ご意見、ご感想、ご要望等ございましたら、下記メールフォームよりお気軽に連絡ください

「商品は持っているけど、特典が欲しい!」という人もご相談下さい

また検証してほしい商材・教材ございましたらご連絡ください
お問い合わせ

このページの先頭へ